失敗しない仏壇選びのポイントを教えます!

本来の意味は、「ご本尊をお祀りして仏教徒としての信仰を深めるところ」ですが、 「自分の身近な仏さまや、ご先祖さまの位牌を祀るところ」と言っても間違いではありません。
お仏壇はご先祖さまに感謝するところであり、亡くなられたご家族を偲び供養するところであり、仏教徒としての信仰を深めるところです。そして家族の絆を深める場でもあります。
お仏壇には材質や形状でいろいろな種類があります。
おおまかに分けて、木目の美しい唐木仏壇や、漆塗の金仏壇、家具のような家具調仏壇があります。
安置する場所によっても、仏間用の別台型、床に直接置く直置型(高台)、タンスや台などの上に置く上置型があります。
また、宗派によっても違いがありますので、仏壇店に行く前に自分の宗派を確認することも大事です。
お仏壇の価格には、同じような見た目でも大きな差があります。
それにはいくつかの要素があり、どんな材料をどれだけの量使っているか、職人がどれだけ手間をかけて作ったか、などで価格に差ができます。
また国産品もあれば、外国製も少なくありません。
大事なのは、仏壇店の店員さんによく聞いて、違いを納得して購入することです。
安かろう悪かろうでは、後で後悔するかもしれません。
古くても値打ちのあるお仏壇は、買いかえずに修復して新品同様に蘇らせることができます。
お仏壇の修復を「洗濯」といいます。洗濯といっても、洗うだけではなく、解体し、金具の洗いや鍍金、木地の修復、塗り、箔押しといった工程を経て、新品同様生まれ変わります。
ただ、洗濯はどんな仏壇でもできるというわけではありません。仏壇によっては、買いかえるよりも高くなる場合もありますので
見積りは無料ですので、一度仏壇店に問い合わせてみましょう。
仏壇には、ご本尊や線香立て、ローソク立て、おリンなどの小物仏具が必要です。
宗派によってもお飾りが違います。最近では、家具調仏壇の普及にともなって、いろいろなデザインの仏具があります。
仏具付きのセット仏壇には、安価な仏具が使われていることも多いですし、選んだ仏壇にあったお気に入りの仏具をコーディネートしてもらいましょう。
丁寧な説明、価格は明朗で、親切な対応をしてくれる仏壇店が「いい仏壇店」です。
お客さまの質問に対して納得いくまで答えてくれるかどうか、また商品説明だけでなく、仏事に対してもアドバイスしてくれるかどうかも大切です。
また、お仏壇は長く使っていくものですから、アフターサービスが充実してる店でないと困ります。
そして、最も重要な点は、曖昧な価格表示でお客さまを惑わしていないか、ということです。
値引率ばかりで比較せずに、前述した材質や工法などを踏まえて、最終的な仏具代を含めた価格で比較判断しましょう。
一番大切なのは仏さまとご先祖さまへの思いで、お仏壇に向かうことから家族の絆が深まっていきます。
高価な仏壇を選べばいいというわけではありません。ただ、自分の気持ちの中で、精一杯のことがしてあげられれば、それできっと喜んでくれると思います。なによりも、そうした気持ちが大切なのではないでしょうか?
そうした思いはきっと仏さまにも、ご先祖さまにも通じるはずです。あなたの思いに応えて、お仏壇の向こうからあなたを見守ってくれるでしょう。
朝起きたらお仏壇にお供え物をして、手を合わせて仏さまを思い出してあげる。
こうした光景は日本人の美しい習慣だと思います。そうした姿を見せることで家族の絆が深まり、お互いを思いやる温かい幸せにつつまれた家庭が生まれていくでしょう。
 
Copyright © 2011 善光堂福田仏壇店 ALL RIGHTS RESERVED.

善光堂福田仏壇店

札幌店
〒001-0040札幌市北区北40条西6丁目3-33
TEL 011-727-8517
小樽店
〒047-0024小樽市稲穂3丁目6-110 小樽グランドパレス1F
TEL 0134-25-6105